全自動屋根散水冷却装置「屋根クール」工場・倉庫・畜舎等のヒート対策に打ち水の新発想!
工場、倉庫、畜舎の遮熱をご検討のオーナー様へ夏の暑さ対策、空調費にお悩みはありませんか?
夏のヒート対策を立てる為には、まず原因を探ってみましょう
夏の日射を受ける屋根の温度は外気温度に比べて非常に高い温度に上昇し、裸足で屋根を歩けばやけどを負うほどの温度になります。どこまで温度が上昇するかは素材の種類や厚さによって異なりますが、およそ60~80℃程度と考えられています。
屋根に蓄熱された日射は室内に放射され、室内の気温をぐんぐん上昇させると同時に体感として実際の気温以上の暑さ※を感じさせる原因となります。
※人間が暑い・寒いと感じる体感温度は、放射(輻射)が75%、伝導(接触)が20%、対流(気温)が5%とされており、単純に室温だけで計れません。
暑さの原因は屋根 屋根クールがヒート対策の解決策をご提案します 屋根クールは全自動で屋根に散水し屋根の温度上昇を抑えます。
工場・倉庫・畜舎全体を遮熱するのではなく、気化熱を利用した打ち水という先人の知恵と最新の制御システムを組み合わせた屋根表面温度の上昇を抑える効率的な屋根散水冷却装置です。
屋根表面温度の上昇を抑える制御システム/タンク・ポンプ内臓及び制御ボックス・回転式スプリンクラー
屋根クール特徴1 工場の稼働条件に合わせて無駄を抑えたエコ設計
 
散水日時指定
散水日時散水時間をコントロール
祝祭日、各会社が定める休日の運転/休止の予約はもちろん、散水開始時刻及び散水終了時刻の予めの設定が可能です。また、散水開始時間を日の出に合わせる事で効率よく屋根の温度上昇を抑えることが可能です。
 
温度センサー
外気温に合わせて散水間隔をコントロール
外気温に合わせて下記の4種類のパターンで効率的に散水・休止します。それぞれの運転パターンの動作時間(散水及び休止時間)は、予め任意の時間に設定できます。
自動パターン
 
散水量調整
広さに応じて散水量をコントロール
電気的にポンプの吹出量を調整できます。
屋根クール特徴2 始めやすい初期費用
タンク、制御ボックス、スプリンクラーと言うシンプルな構成だから比較的設置が容易。
初期費用も抑えられるから、気軽に始める事ができます。
屋根クール特徴3 工場を稼働させながら設置!撤去を容易です
シンプル設計の屋根クールなら設置と撤去がラクラク! 建物内を変更する事なく設置できますので、賃貸契約されている経営者様も現状復帰が容易です。
屋根クール効果/屋根を冷やして室温及び体感温度をDOWN
屋根クールで夏場の空調費を賢く節約!電気代がお得でしかもエコ!
さらに詳しく知りたい方は屋根クール専用サイトへ
御見積無料!ご相談はこちら TEL:048-294-5261 御見積無料!ご相談はこちら